農家を極める!


<バラ>送別シーズン迎え出荷最盛 愛知・一色町(毎日新聞)

 転勤や卒業などの送別シーズンを迎え、愛知県一色町の内藤バラ園(内藤完次代表)では、贈り物用などのバラの出荷作業に大忙しだ。

 6000平方メートルのハウスで34品種のバラを栽培。主に名古屋と東京の花市場に年間約45万本を出荷。イングリッシュローズ系の品種が人気という。問い合わせは同園(0563・73・5368)。【兵藤公治】

【関連ニュース】
掘り出しニュース:1週間以上水なしでも新鮮なバラ 下関で開発
世界で一つだけのバラ 命名権はあなた(2/2ページ)

<超電導>氷点下255度で発現の有機化合物見つかる(毎日新聞)
架空取引で佐川急便から詐取 計1億6千万円か(産経新聞)
政治団体の不動産保有、陸山会突出…9億円超(読売新聞)
【Web】五輪フィギュア女子にネットも最高潮(産経新聞)
<参院予算委>3閣僚が遅刻 野党「たるんでいる」と猛反発(毎日新聞)
[PR]
# by xiwxmomzpc | 2010-03-09 22:03


統合後の万有の社名、「MSD」に(医療介護CBニュース)

 万有製薬は3月4日、親会社の米メルク社による米シェリング・プラウ社の買収に伴い、日本法人同士を統合し、新会社名を「MSD」に変更すると発表した。統合完了は今年下半期(7-12月)の予定。現在、シェリング・プラウと共に、新会社の事業戦略・組織体制づくりを進めているという。

 新会社の製品ラインナップは、両社のこれまでの製品領域を統合し、▽循環器系・メタボリック▽呼吸器系▽骨疾患▽感染症・ワクチン▽皮膚疾患▽眼科▽がん▽女性の健康▽中枢神経系▽麻酔科―の10領域になる。両社では既に1月から、2型糖尿病治療薬ジャヌビアやアレルギー性疾患治療薬クラリチンなど主要7製品を共同販促している。

 年内にも、ジャヌビアの適応追加のほか、▽ロタウイルスワクチン▽抗がん剤▽感染症治療薬―の3件の新薬承認申請を目指す。

 米メルク社は、昨年11月に完了した米シェリング・プラウ社との経営統合により、世界的に商号を統一し、米国とカナダで「メルク」、それ以外の地域で「MSD」として事業展開する。新会社への移行により、創立から95年続いた「万有」の名は消えることになる。


【関連記事】
「ニューロタン」など主要製品の共同販促へ―万有とシェリング
緑内障・高眼圧症治療剤の共同販促で契約―万有と参天
糖尿病性腎症の関連遺伝子を発見―理研
医師向け医療情報サイトをオープン−万有製薬
インクレチン関連の2型糖尿病治療薬が続々と承認へ

証人の石井一議員「国会行かずゴルフ」 アリバイで口利き否定 郵便不正公判(産経新聞)
河口16キロ上流でも水位急上昇=40センチ、利根川で−茨城(時事通信)
コメディカル7団体が民主党に要望書を提出(医療介護CBニュース)
「のぞみ」異臭・白煙1時間…床下で大きな音(読売新聞)
<非正規労働者>失職5867人増 2月調査(毎日新聞)
[PR]
# by xiwxmomzpc | 2010-03-08 13:58


生徒に「常軌逸した」暴行の法政高2教諭を懲戒解雇処分(産経新聞)

 法政大学中学高校(東京都三鷹市)の男性教諭2人が高校2年生の修学旅行中、男子生徒に悪質な体罰をして負傷させた問題で、学校法人法政大学は27日、この教諭2人を懲戒解雇処分にしたと発表した。

 処分は26日付。監督責任を問い、同校の牛田守彦校長と副校長を減給1カ月、法人の増田壽男総長と学務担当常務理事、付属校担当理事の計3人を減給3カ月の処分とした。

 法人側は問題を受け、教員や有識者による「教育刷新会議」を設置、生徒指導や学校運営について見直しを進めているといい、「今後このようなことがないよう、再発防止に努め、学校の信頼回復に全学を挙げて取り組んでまいります」としている。

故橋本九段を「語らう会」(産経新聞)
6億円脱税の疑い シリコン2社を近く本格捜査(産経新聞)
<緩和ケア>NPOが専門医認定へ 10年で1000人目標(毎日新聞)
英文だけ「TSUNAMIない」 宮城県、メール誤配信(産経新聞)
暴行2教諭を懲戒解雇=修学旅行で生徒大けが−法政高(時事通信)
[PR]
# by xiwxmomzpc | 2010-03-06 18:43


<インフル>患者初の10万人割れ 1週間推計(毎日新聞)

 厚生労働省は26日、今月15〜21日のインフルエンザの定点医療機関(約5000カ所)調査で、1施設当たりの患者報告数が1.76(前週2.81)で4週連続減少したと発表した。10道府県で流行の目安とされる「1」を下回った。1週間の推計患者数は9万人で、昨夏の流行開始以来初めて10万人を割った。流行レベル以下の道府県は、北海道▽青森▽石川▽京都▽和歌山▽広島▽山口▽香川▽愛媛▽熊本。【清水健二】

衆院予算委、自民抜きで進行(産経新聞)
満潮、大潮で一層の警戒を=気象庁(時事通信)
津波 青森などの「大津波警報」を津波警報に切り替え(毎日新聞)
<妊婦転送死訴訟>遺族の請求棄却 裁判長、救急医療充実を(毎日新聞)
ユニオンHD「黒幕」ら、インサイダー取引容疑で逮捕へ(産経新聞)
[PR]
# by xiwxmomzpc | 2010-03-05 03:07


米子の2人強殺公判、遺族が厳しい処罰感情(読売新聞)

 鳥取県米子市で会計事務所社長・石谷英夫さん(当時82歳)と、同居の大森政子さん(同74歳)を殺害し預金を引き出したとして、強盗殺人罪などに問われた影山博司被告(55)の裁判員裁判の第3回公判が25日、鳥取地裁であった。

 遺族らが証人出廷し、厳しい処罰感情を述べた。26日には論告求刑などが行われ、結審する予定。

 大森さんの長男は「優しくもあり厳しくもある母だった。(被告には)死をもって償ってほしい」と強い口調で話した。石谷さんの長男は、被告が借金で追い詰められていた状況に一定の理解を示し、「事件は加害者、被害者という単純な図式ではなく、複雑な気持ちだ」と述べて無期懲役を求めた。

 一方、弁護側証人として出廷した被告の長男に、被害者参加制度を利用している大森さんの長男が「もし死刑が確定したら私を恨みますか」と直接尋ねた。この質問を小倉哲浩裁判長が「遺族にそれだけ激しい思いがあることをどう思いますか」と言い換えると、長男は「そう思われても当然です」と答えた。

 また、裁判員ら計5人が被告に質問。男性の裁判員は「2番目の暴挙(大森さん殺害)にまで出ようと思ったのはなぜか」と尋ね、被告は「石谷さんと大森さんは一体(の存在)だった」と述べた。

首相、視察にかこつけ選挙運動? 栃木、山梨でも(産経新聞)
<強盗>「すき家」2店被害、栃木90万円、埼玉は69万円(毎日新聞)
UR業務見直しで検討会=23日に初会合−国交省(時事通信)
<五輪招致>活動報告書 収入不足7億円、電通から借り入れ(毎日新聞)
茨木の民家 火災1人死亡(産経新聞)
[PR]
# by xiwxmomzpc | 2010-03-03 15:12

    

農家のカリスマを目指して
by xiwxmomzpc
カテゴリ
全体
未分類
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧