農家を極める!


95億円!「歩く男」最高額で落札(読売新聞)

 【ロンドン=鶴原徹也】スイスの彫刻家アルベルト・ジャコメッティ(1901〜66年)の代表的作品「歩く男」(60年制作)が3日、ロンドンのサザビーズで競売にかけられ、6500万1250ポンドで落札された。

 ロイター通信などによると、落札額は米ドルに換算すると、1億430万ドル(約95億円)で、ピカソの油彩「パイプを持つ少年」(2004年落札、1億420万ドル)をわずかに上回り、オークションで売られた美術品としては史上最高額となった。

 「歩く男」は高さ183センチのブロンズ製で、競売にかけられたのはこの20年間で初めて。ドイツのドレスナー銀行が所有していたが、同銀行がコメルツ銀行(ドイツ)に買収されたことに伴い所有権が移り、出品された。サザビーズは、落札者の氏名を公表していない。

住基ネット離脱「見送り」を表明…河村市長(読売新聞)
免許取り立て、納車の翌日…車、コンビニに車突っ込む(産経新聞)
<国民生活センター>理事長が任期途中で辞任 後任は公募(毎日新聞)
呼吸器チューブ外れ、入院の70代女性死亡(読売新聞)
「未公開株」被害者に「回復手続き」と詐欺(読売新聞)
[PR]
by xiwxmomzpc | 2010-02-09 17:27

<< 【日本人とこころ】福田恆存と孤...      2分40秒の早業、宝石店から貴... >>

農家のカリスマを目指して
by xiwxmomzpc
カテゴリ
全体
未分類
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧