農家を極める!


<バラ>送別シーズン迎え出荷最盛 愛知・一色町(毎日新聞)

 転勤や卒業などの送別シーズンを迎え、愛知県一色町の内藤バラ園(内藤完次代表)では、贈り物用などのバラの出荷作業に大忙しだ。

 6000平方メートルのハウスで34品種のバラを栽培。主に名古屋と東京の花市場に年間約45万本を出荷。イングリッシュローズ系の品種が人気という。問い合わせは同園(0563・73・5368)。【兵藤公治】

【関連ニュース】
掘り出しニュース:1週間以上水なしでも新鮮なバラ 下関で開発
世界で一つだけのバラ 命名権はあなた(2/2ページ)

<超電導>氷点下255度で発現の有機化合物見つかる(毎日新聞)
架空取引で佐川急便から詐取 計1億6千万円か(産経新聞)
政治団体の不動産保有、陸山会突出…9億円超(読売新聞)
【Web】五輪フィギュア女子にネットも最高潮(産経新聞)
<参院予算委>3閣僚が遅刻 野党「たるんでいる」と猛反発(毎日新聞)
[PR]
by xiwxmomzpc | 2010-03-09 22:03

<< <群馬4人死亡>拳銃使い心中・...      統合後の万有の社名、「MSD」... >>

農家のカリスマを目指して
by xiwxmomzpc
カテゴリ
全体
未分類
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧